家づくりの流れ

三浦 : 西村さんは株式会社おおいた家づくりコンシェルジュの企業テーマとして「あたらしい建築家を育てる工務店」を掲げられていますが具体的にどんなことなんでしょうか?

西村 : 私としては、建築設計の専門家である「建築家」のスタンスに「あたらしいかたち」が求められているのではないかと考えています。従来、建築家と呼ばれている方々は、自分の建築思想、デザイン思想をもって作家として自分の設計活動をされているわけですが、住宅会社・工務店を経営する側からすると、もっと幅広い柔軟性があっても良いのではないか!?と考えていました。

三浦 : 私が言うのも何なんですが、ひと言で「建築家」と言ってもピンキリで・・・私なんかも「建築家」と呼ばれていいんでしょうか?(笑)

西村 : 「建築家」という国家資格がある訳ではないので、あくまで「他称」もしくは「自称」ですからね。自称、建築家というのは「ちょっと・・・」ですが、他称ならいいんじゃないでしょうか。基本的には、独立して設計事務所をしている人は、全員、建築家ということになっている気がします。私個人的には、自分がかつて「建築家」になることを志していたので、誰も彼も設計士が建築家と呼ばれることにはかなり抵抗がありますが・・・(笑)

三浦 :では、「あたらしい建築家」とは?

西村 : たいそうなことではありません。単純に、今の、これから未来の住宅業界に積極的に関わることの出来る、時代感覚を持った「建築家」ということになります。これから住宅業界は、氷河期の長い長いトンネルに投入します。このトンネルはどんどん先が細くなって決してなくなることはありません。地方の工務店、住宅会社の淘汰がガンガン進んでいくことは決まっています。住宅設計を主な仕事にされている建築家の方々も、ネームバリューで仕事が舞い込んでくるスター建築家以外、大変な時代になるわけです。

三浦 : 僕は、大丈夫なんでしょうか?知名度で仕事なんかこないです。ただ、毎日、魂込めて、住宅設計の仕事と勉強はしておりますが・・・

西村 : 特異性がありキラッと光るものを持っている、いわゆる作家性の高い建築家さんは大丈夫でしょうが、作家性なんかそんなみんなが持っているわけではありませんよね。作家性よりも建築士としての技術者としての特異性しか持っていない人がほとんどです。

三浦 : そうなんです。作家性を問われるとなかなか厳しいですが、設計士としての専門性、技術者としての専門性には自信があります。どんなに住宅建築の仕事が減少しようが、この専門家の仕事はなくならないし絶対に必要な仕事ですよね。

西村 : 必要であることには間違いありません。ただ、仕事の絶対量は減りますので、その専門性だけでは大変だと思います。そこで、「あたらしい建築家を育てる」ということになる訳です。三浦さんの言う通り、設計士の専門家としての存在は必要なのだけど従来の設計士の考え方だけでは建築家として生き残れない。これから氷河期になることが分かっている住宅業界で、何も手を打たない、打っていない工務店・住宅会社が生き残れないのと一緒で、当然、何も手を打たない建築家は生き残れないですよね。

三浦 : それはそうですよね。ただ、仕事がないことに慣れている建築家さんはあまり危機感ないかも知れませんね。私は、数年前から危機感があったので、この株式会社おおいた家づくりコンシェルジュに参画させていただいている訳ですが・・・

西村 : 危機感のない、もしくは危機感はあるけどどうしようも手の打てない建築家の人々も多くいると思っています。私としては、潜在的に能力がとても高いのに埋もれている建築家の人たちを多く知っているので、先ずは彼らを対象にして、私が工務店としてバックアップすることで、あたらしい感覚(エコ住宅の知識やビジネスセンス、営業センスなど)も学習してもらい、結果的には、工務店が建築家を育てる流れが出来ればと考えています。

 

三浦 : 工務店としての株式会社おおいた家づくりコンシェルジュが社内で優秀な建築家を育てることが出来れば、当然、弊社で家を建てる人にとっては設計力や技術力が魅力になりますよね。工務店・住宅会社としても設計力・技術力のある会社として受注に貢献されますよね。当然、住宅会社としても生き残れるし、設計士、建築家も生き残れる。一石二鳥ですね。

西村 : いやいや、株式会社おおいた家づくりコンシェルジュで家を建てたお客様にとっても、自分の家を建てた会社が厳しい氷河期を生き残ってくれれば、アフターメンテナンスの件も含めて安心ですよね。これで、三方良しです。大手ハウスメーカーではなく、「いい家づくり」をしようとする地元の工務店が成長すれば、当然、腕の良い職人さん達にも仕事が回り後継者対策に繋がりますし、地元の会社の雇用が増え、ひいては多くの税金を地元に納入することになります。いいことの連鎖がすさまじいことになる訳です。

三浦 : 「あたらしい建築家を育てる工務店」。そこにはそんな大きなビジョンがあったんですね。私も、建築家の一人として、先ずは、先頭を切って、「あたらしい建築家」に育っていきたいと思います。宜しくお願いします!

西村 : 三浦さんは、大学の後輩ですし、大きく期待しています。私の優秀な友人たちもどんどん参加してくると思いますので、おちおちしてられないですよ。(笑)

このページの先頭へ
家づくり勉強会見学会やさしい家づくり教室

受付時間:9:30 ~ 23:00 駐車場あり

大分市金池南1丁目9-11 レジデンス金池1F

会社案内資料請求・お問合せ

N2 Life Style Libraryについて

N2LifeStyleLibraryは、経営コンサルティングや不動産事業などを行う株式会社N2Company(代表取締役社長:西村尚之)が運営する「あたらしい家づくりとライフスタイルを提案する」大分初のスペースです。壁一面の本棚には、西村個人と株式会社N2Company所有の蔵書がぎっしりで、住宅、建築デザイン、インテリア、家づくりに関わる書籍や雑誌が豊富に揃っております。本棚の間にある黒いドアの奥には、株式会社おおいた家づくりコンシェルジュの住宅会社としてのスペースとなっております。
お客様との打ち合わせに使用する「Meeting Room」やキッズルームとして使用される畳スペースも完備されております